宅建の合格率について知りたい!

合格率は毎年15%前後の、意外と難しい試験!?

受験者にとって一番気になるのは、試験の合格率や難易度といった、試験の難しさが分かるデータでしょう。
受験者のうち、だいたい何割の人が合格できるのか、という数字を知ることによってモチベーションがアップすることもありますし、逆にやる気をなくしてしまう人もいるかもしれません。
しかし、宅建試験に挑むにあたって、この試験の現実を知り、その現実に見合った対策を立てる必要があるのです。
まずは、合格率の数字を確認してみましょう。

宅建試験の合格率と合格点(平成12年~21年)

年度

合格率

合格点

平成12年

15.42%

30点

平成13年

15.26%

34点

平成14年

17.34%

36点

平成15年

15.29%

35点

平成16年

15.93%

32点

平成17年

17.33%

33点

平成18年

17.15%

34点

平成19年

17.27%

35点

平成20年

16.21%

33点

平成21年

17.86%

33点

過去10年の合格率を見てみると、15~17%で推移していることが分かりますね。
宅建試験は、法律系国家資格の登竜門といわれていて、行政書士や司法書士などの他の国家試験に比べると一番取得しやすいとされています。
しかし、この数字を見ると、実際に合格できるのは10人に1人か2人…。
宅建はあくまでも国家資格ですので、試験は落とすことを前提として作られた、難しいものであることを認識しなければならないのです。
それでは、次のページでは、合格率と合格点の関係から、試験対策を考えることにしましょう。

次のページ >>